インド亜大陸地震に各国から援助表明

【2005年10月10日】

パキスタン北東部の地震の犠牲者数が3万を超えたと報道されている。被災各国に対し、世界中の国が援助を表明している。 救援の詳細は以下の通り。

  • 欧州連合行政府はおよそ360万米ドルを約束した。
  • イギリスは10万ポンド(およそ17万6,000米ドル)、50人の支援スタッフ、および3つの捜索・救出チームを約束した。
  • ドイツは、5万ユーロ(およそ6万600米ドル)をパキスタンのために用意した。またドイツ技術援助隊による救助専門チームを派遣した。
  • フランスはレスキュー隊をパキスタンに送った。「パキスタンが必要とするようないかなる支援」も供与すると、フランスのフィリップ・ドゥストブラジ外相が語った。
  • アイルランドは100万ユーロ(約120万米ドル)の支援を申し入れた。
  • 日本は9日救援チーム49人を派遣し、毛布、寝袋など2,500万円相当の緊急援助物資を提供した。また10日には医療チーム21人が日本を出発した。
  • 国際連合は対策チームをパキスタンに送った。
  • ほかに、トルコギリシャなどが支援を申し出ている。また国際的な人道団体のなかでは、国境なき医師団、国際赤十字などが支援を行うとしている。
イスラマバードの崩壊したアパートの救出活動、VOAによる

日本からの民間団体による支援編集

上に述べたものを含め、以下の団体が支援を行っている。

  • 共同通信によると、イスラマバード在住の督永忠子さんらは9日までに、被災者への食料や医療費を目的とした「パキスタン大地震緊急募金」を設立した。振込先は中央労働金庫目黒支店普通預金、1314624、「日パ・ウェルフェアー・アソシエーション」。
  • 日本赤十字社は、9日、4人からなる医療チームを被害状況調査のためパキスタンに派遣した。構成は医師2人、看護婦1人、連絡要員1人。連絡要員は一行が飛行機を乗り換えるバンコクで合流する。10日にイスラマバード入りし、1週間活動する予定。日本赤十字社では「現地の状況により今後の日赤の活動の方向性を検討」するとしている。10日現在、日赤ではウェブサイト上の募金活動などはとくに行っていない。

活動の状況編集

国際救助隊から派遣されたイギリスの救助スタッフは、日曜日朝に高層アパート、マルガラ・タワーズで生存者を新たに発見し、救出した。救出には特別な装備を用いた。これにより、さらに多くの人を救出できる望みが出てきた。

英語版ウィキニュースの翻訳を含みます。

出典編集