メインメニューを開く

ウィキニュース β

話題のニュース

8月5日(現地時間UTC-3)に開幕したリオデジャネイロオリンピックは、16日(現地時間)に12日目の競技が行われた。卓球(五輪)女子団体に出場している日本代表(福原愛選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手)は、3位決定戦でシンガポール代表(ユ・モンユ選手、フェン・ティアンウェイ選手、ジョウ・イーハン選手)に3-1で勝利、銅メダル獲得を決めた。シングルスで行われる第1ゲームは、福原選手がユ選手に敗れたものの、第2ゲームでは石川選手がフェン選手にストレート勝ち、ダブルスで行われる第3ゲームは福原選手・伊藤選手のペアがユ選手・ジョウ選手のペアに勝利、再びシングルスで行われる第4ゲームも伊藤選手がフェン選手にストレート勝ち、銅メダル獲得を決めた。日本代表は、前回2012年のロンドンオリンピックでは銀メダルを獲得、2大会連続のメダル獲得となった。 >> 全文



2014年の全仏オープンでの錦織選手CC-by-sa-2.0

8月5日(現地時間)に開幕したリオデジャネイロオリンピックは、14日(現地時間)に10日目の競技が行われた。テニス男子シングルスに出場している錦織圭選手は3位決定戦でラファエル・ナダル選手(スペイン)に勝利、日本の選手として1920年のアントワープオリンピック以来96年ぶりとなるテニス種目でのメダル獲得を果たした。錦織選手は、積極的な攻撃で第1セット(6-2)を奪ったものの第2セット(6-7)では5-2でリードしていたところで、4連続でナダル選手にポイントを奪われタイブレークの後に第2セットを落とした。第3セット(6-3)では、「どんどん攻めるプレーができた」と錦織選手が語った通り勢いによって勝利を決めた。>>全文


イチロー選手(2016年撮影)CC-by-2.0

メジャーリーグベースボール(MLB)マイアミ・マーリンズのイチロー選手は現地時間の7日に行われたコロラド・ロッキーズ戦で、MLBで30人目となる通算3000本安打を達成した。7日の試合でイチロー選手はスタメン出場(6番センター)、第1打席は空振り三振、第2打席はピッチャーゴロ、第3打席はショートゴロとなったものの、第4打席でライト方向を越えフェンス直撃となる3ベースヒットを打ち、3000本安打を達成した。イチロー選手は試合後に、「3000本安打を達成して思い出したのは、きっかけを作ってくれた仰木彬監督(元オリックス)のこと」と語り、「達成した瞬間にチームメート等が喜んでくれた。僕が何かをすることで他人が喜んでくれることが何より大事だと再認識した。」とコメントしている。>>全文



別の言語で閲覧