このページは半保護の方針に基づき半保護されています。アカウントを持たない匿名利用者、およびアカウントを作成したばかりの新規利用者は編集できません。

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [https://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

[編集]

 
堀井学氏
  • (政治)衆議員議員の堀井学氏が、選挙区内の有権者に対して秘書や家族を通じて違法に香典を寄付したとして、東京地検特捜部は公職選挙法違反で同議員の事務所などを家宅捜索した。またこの問題を受けて堀井氏は自民党を離党した - NHK
 
大和ハウスに命名権が与えられる札幌ドーム
  • (スポーツ・経済)札幌ドーム命名権について、ドームの運営会社は7月19日、住宅不動産業大手の大和ハウス工業と8月1日付で4年契約(契約金非公表)を結んだと発表した。新愛称は「大和ハウス プレミストドーム」になる。札幌ドームはプロ野球北海道日本ハムの撤退などから、3月期決算で6億5100万円の赤字を計上していた - 北海道新聞
 
東京新聞発行元の中日新聞東京本社がある日比谷中日ビル(千代田区)
  • (社会)中日新聞東京本社は、関東圏で発行している東京新聞について、8月末で都心23区を除き夕刊の発行を廃止するとともに、購読料金も9月1日以後、2019年以来5年半ぶりに従来より280円値上げの3980円、統合版(朝刊のみ)の地域は2950円から450円値上げの3400円に引き上げると発表した。また即売1部売り朝刊も140円に値上げ(夕刊50円と電子版は従来通り)とする。用紙代や燃料費の高騰による - 東京新聞時事通信産経新聞RTB SQUARE
 
浅乃山(2019年夏場所優勝時。当時のアメリカ・トランプ大統領から優勝トロフィーを受ける)
  • (スポーツ)大相撲前頭の朝乃山が、名古屋場所5日目の7月18日に休場した。前日17日の一山本との対戦時に負傷して、「左膝前十字靱帯(じんたい)断裂、左膝内側側副靱帯損傷、左大腿(だいたい)骨骨挫傷」とする診断書を提出。5月の夏場所でも右膝の負傷で全休しており、元関脇・朝赤龍高砂親方は「全治半年以上かかる。しっかり治して復活させたい」とした - 時事通信
 
ポテトチップス(資料)
  • (社会)香辛料・タバスコの約200倍の辛さとされる、「激辛ポテトチップス」を食べた、東京都大田区の都立高校の生徒が体調不良を訴え、うち14人が救急車で搬送された。パッケージには「18歳未満は食べないようにしてください」と注釈が掲載されていたが、医師は「子どもは大人と比べると体も粘膜も未発達だ」として警告を呼び掛けた - JNN(TBSテレビ)
 
富山県向けの新聞を発行していた毎日新聞大阪本社
  • (社会)毎日新聞社は7月17日、9月末をもって富山県での新聞配送を休止すると発表した。主要全国紙における特定都道府県の配送休止は初のことで、大阪本社での印刷と輸送コストの増大と、発行部数の減少(2023年時点・推定840部)で現在の配送体制の維持が難しくなったためで、駅・コンビニなどの即売1部売りも廃止するとしている。ただ、県内での取材体制は維持し、全国紙の体制・役割を持つことをアピールし、電子版への移行や、郵送での購読を促す - 産経新聞
 
トランプ氏
  • (政治・社会)アメリカ前大統領ドナルド・トランプ氏が現地7月13日夕方、同国ペンシルベニア州・バトラーでの大統領選に向けた遊説中に何者かによって銃撃された。トランプ氏は右耳を負傷したが命に別状はなかった。またこの事件で演説を聞いていた市民1人が死に、2人が重体となった。同国のメディアによれば、犯人の男を警護隊が身柄を拘束し射殺した - 時事通信
    • (上記関連)トランプ氏銃撃の実行犯とされる男は、事件現場から約70㎞離れた同じペンシルベニア州ベセルバーグに住む20歳の青年で、元々は共和党を支持していたが、2021年に民主党系の組織に15アメリカドルを寄付していたとされる。シークレット・サービス(大統領警護隊)の説明では、男は集会場の外にある高い場所から演台に向けて数発銃弾を発射したとされ、殺傷能力の高い半自動小銃を使ったものとされている - 読売新聞
 
大谷翔平選手(2024年4月)