2006FIFAワールドカップの決勝トーナメント進出国決定、アジア勢は全て敗退

FIFA Logo (2010).svg Flag of Germany.svg
FIFAワールドカップ2006 ドイツ大会
特集 - 記事一覧
FIFA World Cup 2006
予選・本選組分け
本選(グループリーグ・決勝トーナメント)
本選試合結果
その他のニュース
詳細解説

【2006年6月24日】

ドイツで開催中の2006 FIFAワールドカップは現地時間23日 (UTC+2、日本時間23日-24日)、グループGとグループFの計4試合が行われ、スイス、フランス、ウクライナが決勝トーナメント進出を決め、決勝トーナメントに進出する16チームが決定した。

決勝トーナメントに進出したのは、ドイツエクアドルイングランドスウェーデンアルゼンチンオランダポルトガルメキシコイタリアガーナブラジルオーストラリアスイスフランススペインウクライナ。朝日新聞によると、ガーナ、ウクライナの両国は初出場での決勝トーナメント進出となったほか、エクアドルは2度目の出場[1]で初の決勝トーナメント進出となった。

読売新聞によると、日本・イラン・韓国・サウジアラビアのアジア勢4カ国はいずれも決勝トーナメントには進出できなかった。このことから、2010年の次回ワールドカップ(南アフリカ)でのアジアサッカー連盟 (AFC) 出場枠が削減される可能性が出てきたという。

また朝日新聞によると、次回からはオーストラリアがワールドカップ出場をかけてAFCのアジア予選で戦うため、今大会での同国と日本の試合結果から見ても、日本のワールドカップ出場が今より厳しくなると見られている。

日刊スポーツによると、次回ワールドカップでのAFC出場枠は、0.5削られて4になるのではと予想されている。

注1:ウィキペディア サッカーエクアドル代表による。

決勝トーナメントの組み合わせ編集


1回戦 準々決勝 準決勝
R1 A組1位  ドイツ
B組2位  スウェーデン
Q1 R1の勝者  
R2の勝者  
R2 C組1位  アルゼンチン
D組2位  メキシコ
S1 Q1の勝者  
Q2の勝者  
R3 E組1位  イタリア
F組2位  オーストラリア
Q2 R3の勝者  
R4の勝者  
R4 G組1位  スイス
H組2位  ウクライナ 決勝
S1の勝者  
S2の勝者  
R5 B組1位  イングランド
A組2位  エクアドル
Q3 R5の勝者  
R6の勝者  
R6 D組1位  ポルトガル
C組2位  オランダ
S2 Q3の勝者  
Q4の勝者  
R7 F組1位  ブラジル
E組2位  ガーナ
Q4 R7の勝者  
R8の勝者   3位決定戦
R8 H組1位  スペイン S1の敗者  
G組2位  フランス S2の敗者  

出典編集