宮崎で起きた突風は竜巻が原因か?

【2006年9月19日】

朝日新聞、中国新聞によると、9月17日に宮崎県で発生した台風13号を伴う猛烈な突風は竜巻の発生が原因ではないかとされている。

この竜巻は9月17日午後2時ごろ、宮崎県延岡市日向灘で発生し、延岡市の緑ヶ丘から尾崎町にかかる地域に北北西に向かって竜巻が吹いたとされる。中国新聞によると、この突風で住宅240棟が全半壊した他、九州旅客鉄道(JR九州)の特急にちりん9号が日豊線南延岡駅付近で脱線・横転する事故がおきた。また1万1,000戸が停電した。

朝日によると、宮崎地方気象台では9月18日に現地調査をし、「被害が狭い範囲内で直線的に繋がっている」(鈴木和史気象台長)と分析し、竜巻であるかをデータなどを解析した上で見極めるとしている。

なお、日豊線は18日中に復旧作業が終わり、19日未明から運転を再開した。

最近の台風等関連記事編集

出典編集