俳優・池田努さんらが線路に転落した男性を救助 - 東京メトロ表参道駅

【2010年3月5日】

東京メトロ銀座線表参道駅ホーム(参考、2007年撮影、PD)。事故現場は写真とは反対方向のホーム

3月4日午後9時10分頃(UTC+9)、東京都港区東京メトロ銀座線表参道駅ホームから男性(71)が線路に転落し、居合わせた俳優池田努さん(31)と会社員の秋山佳範さん(23)が救助した[1][2]

東京消防庁によると、転落した男性は後頭部を打ち病院に搬送されたが[1]、命に別状は無かったという[1][2]

同庁や東京メトロなどによると[2]、男性の転落に気づいた乗客がホームにある非常停止ボタンを押し、池田さんと秋山さんが線路上に飛び降り、男性をホームに抱え上げたという[1][2]。ホームには医師も居合わせており、応急処置を行った[1]。男性はに酔っていたという[1][2]

当時、渋谷駅行きの列車が約420mの距離に接近していたが、非常停止ボタンの信号を受け、約300m手前で[2]緊急停止した[1][2]。東京メトロによると、このことによる影響は数分の遅れ程度にとどまったという[1]

東京消防庁は3月5日、秋山さんに感謝状を贈った。池田さんと救護に当たった医師にも贈る予定だという[2]

池田さんは石原プロモーションに所属し、2004年の『西部警察スペシャル』などに出演している[1]。池田さんは事務所を通じて[2]「当然のことをしたと思います。大きなけががなく安心しました」とコメントを出した[1][2]

情報源編集

本ニュースは「読売新聞」と「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 YOMIURI ONLINE 『駅ホーム転落の男性、俳優・池田努さんらが救出』, 読売新聞、2010年3月5日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 asahi.com 『線路に男性転落、俳優の池田努さんら救助 表参道駅』, 朝日新聞社、2010年3月5日。