このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月2日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)Jリーグは先ごろ、クラブライセンスのうち、J1J2ライセンスの申請をした44のクラブ(ガイナーレ鳥取は債務超過のためJ2以上のライセンス申請断念)についての審査結果を公表し、37チームに対してJ1ライセンス、7チームにJ2ライセンスを交付した。このうち、昨年度まで2年連続赤字計上中のサガン鳥栖は経営面での是正通達を付けた条件付きのJ1ライセンスとしたほか、ザスパクサツ群馬カマタマーレ讃岐は、今年度から審査条件でA等級(必須項目)となった練習場が充足していないとしてJ1ライセンスを没収、J2ライセンスに変更。代わってツェーゲン金沢FC岐阜はトレーニング施設とホームスタジアムが改修されているとしてJ1ライセンスが交付された(ただし、スタジアムの改修が充足していない場合は交付取り消しとなる場合がある条件付き交付)。またJ3で1位のレノファ山口もJ2ライセンスが交付され、2位以内でJ2昇格案件(1位で自動昇格、2位はJ2・J3入れ替え戦)を満たせば昇格のチャンスがある - Jリーグリリースサッカーキング

2015年10月2日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。