台風5号 (チャンミー) が発生

【2020年8月9日】

台風5号の衛星画像
Wikipedia
ウィキペディア令和2年台風第5号に関する記事があります。

気象庁によると、8月9日午前3時、沖縄の南で台風5号(アジア名:チャンミー)が発生した[1]。9日3時現在の中心気圧は1000hPaで、1時間に30kmの速さで北に進んでいる[1]

今後は発達しながら北上して那覇市の南西に進み、その後東シナ海を北上する見込み[1]。先島諸島や沖縄本島地方では、9日には雨や風が強まると予想されているほか、沖縄本島地方や大東島地方、宮古島地方の海上ではしけとなる見込みだという。土砂災害や低地の浸水、河川の増水などにも十分注意が必要となる[1]

台風5号のアジア名(国際名)は「チャンミー(Jangmi)」であり、これは韓国が提案した名前で、「バラ(장미)」を意味する[2]

最近の台風等関連記事編集


情報源編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 『台風5号(チャンミー)発生 沖縄に接近へ』日本気象協会、2020年8月9日。
  2. 『台風5号(チャンミー)発生 きょう午後沖縄接近へ 十分注意』ウェザーニュース、2020年8月9日。