台風21号、ベトナム南部に再上陸

【2006年12月5日】

台風第0621号「ドリアン」
台風21号、5日午後3時。アメリカ海軍調査研究所による
5日午後3時45分に
気象庁が発表した
5日午後3時の実況
位置 ホーチミンの南西約210km
北緯9度20分
東経105度30分
大きさ
強さ
中心気圧 1000hPa
最大風速 20m/s
進行方向 西南西
速度 30km/h
強風域 南東側190km、北西側150km
上陸 フィリピン、ベトナム

気象庁によると、台風21号「ドリアン」(Durian) は、5日、ベトナム南部に再上陸した。午後1時(UTC+7、日本時間午後3時)の時点で、勢力を弱めながら、ビンロイ付近を、南西に進んでいた。気象庁は、このままタイランド湾に抜け、それから、マレー半島に再上陸すると予想した。なお、午後7時(日本時間午後9時)の現況に基づく発表では、台風は勢力を落として熱帯低気圧となった。午後9時時点の中心位置はタイランド湾の湾口部の北緯8度00分東経104度00分だった。

ロイターによると、この台風のため、ベトナム南部で少なくとも26人が死亡した。15人が行方不明で、147人が負傷した。また家屋に被害が出ている。ビントゥァン省で1,120棟の家屋と22校の学校の屋根が吹き飛ばされ、バリア・ブンタウ省で500棟の家屋の屋根が吹き飛ばされた。また820隻の漁船が沈没した。

最近の台風等関連記事編集


出典編集