台風14号、日本海へ

【2005年9月7日】

台風第0514号「ナービー」
(9月6日午後11時45分
=気象庁による)
位置 萩市の北北西 約50km
-北緯 34度50分
-東経 131度10分
中心気圧 970hPa
最大風速 35m/s
進行方向 北北東
速度 30km/h
暴風域 東側 180km
西側 160km
強風域 東側 650km
西側 600km
上陸 長崎県、9月6日午後2時頃
台風14号、5日午後8時30分。アメリカ海軍台風情報センターによる

気象庁によると、大型で強い台風14号「ナービー」は6日午後2時(日本時間、UTC+9)現在萩市の北北西約50kmに位置し、時速30kmで北北東に進んでいる。

読売新聞は午後11時8分に、台風14号の雨などのために、6人が死亡、14人が行方不明となったほか、52人が重軽傷を負ったと報じた。

鹿児島県、宮崎県、大分県で土砂崩れが生じた。朝日新聞は6日午後11時18分、家屋の全壊28戸、半壊10戸、床上浸水686戸、床下浸水1,466戸を報じた。広島県宮島町の厳島神社では、6日午前から床上浸水となったと、テレビ朝日などは報じた。

6日午後9時30分現在、鹿児島県から静岡県に亘る広い範囲のほとんどで、大雨、洪水、暴風、波浪、高潮などの警報を各地気象台が発表している。朝日新聞によれば、福岡、熊本、大分、宮崎、鹿児島、山口、愛媛、広島、岡山、香川の各県で、避難指示、避難勧告が出された。

一方、貯水量が0となっていた高知県の早明浦ダムは、台風の大雨でのため、6日午後6時ごろ、貯水率が100%に回復したと読売新聞が報じた。

九州新幹線が6日午後8時50分までに運転を再開したと読売新聞は報じた。このほか一時全線で運休をしていたJR九州は、なお一部在来線で線路の点検を行っている他は、運転見合わせ区間がないと、7日午前0時5分、報じた。

今後、台風は、勢力を保ったまま日本海を北上し、北海道に再上陸するおそれがあると気象庁は警戒している。今後の予想される雨量は8日午前0時までに、近畿:350ミリ、東海:300ミリ、四国・北海道:200ミリ、中国・北陸・関東甲信・東北:120~180ミリ。

最近の台風関連記事編集


出典編集