お詫び - 花王、食用油「エコナ」シリーズの全商品出荷停止へ 発がん性指摘で の記事について

【2010年1月31日】

お詫び

2009年9月17日付けの記事『花王、サラダ油「エコナ」シリーズの全商品発売自粛へ 発がん性指摘で』(現ヘッドライン『花王、食用油「エコナ」シリーズの全商品出荷停止へ 発がん性指摘で』) に誤りがありました。

  • 「エコナ」シリーズを「サラダ油」と報道していましたが、正しくは「食用油」です。
  • 「グリシドール脂肪酸エステル」が発がん性物質であると報道していましたが、正しくはグリシドール脂肪酸エステルが分解された「グリシドール」が発がん性物質です。
  • 「グリシドール脂肪酸エステル」が「グリシドール」に分解される可能性が「ヨーロッパ各地」で指摘されたとしていましたが、正確には「ヨーロッパ」で指摘されていただけでした[注釈 1]
  • 問題となった商品について「販売を停止」されたと記載しましたが、メーカーが販売に関して行ったのは自粛要請です。

また、以下の点については、誤解を招く可能性がある記述になっておりました。

  • 「エコナ」シリーズが報道時点で特定保健用食品ではなくなっていたと誤解を招く可能性がある点[注釈 2]
  • 花王石鹸の製造・販売しか実施していないと誤解を招く可能性がある点。

関係者の皆様並びに読者の皆様に深くお詫び申し上げ、ここに訂正いたします。 なお、当該記事につきましては、すでに修正を加えてあります。

ウィキニュース

注釈編集

  1. 朝日新聞の報道によれば、ドイツの研究機関からの報告です。
  2. 10月8日(UTC+9)、花王は「エコナ」シリーズについて特定保健用食品の指定を返上しました。詳しくは『花王、食用油「エコナ」の特定保健食品の指定を自主返上』を参照してください。