JR中央線 線路脇の防護ネットが走行中の列車に倒れかかる

【2013年1月31日】

中央線特別快速電車(CC BY 3.0


1月30日午後1時5分頃(UTC+9)、東京都国分寺市日吉町[注釈 1]JR中央線国立駅 - 西国分寺駅間で、青梅東京行き特別快速電車の運転士が異常な音を聞いたため緊急停止した[1][2]。確認を行ったところ、線路脇の法面[注釈 2]の住宅建設現場にあった防護ネットと鉄製の足場が倒れ[1][2][3]架線[注釈 2]パンタグラフ[注釈 3]接触していた。電車は2両目のパンタグラフが破損していたが、およそ950人の乗客にけがはなかった[1][2][3]

JR東日本八王子支社の話によると、乗客らは線路上を歩き、西国分寺駅へ避難した。また後続の電車に乗っていた約480人の乗客も歩いて国立駅へ向かったという[2]。中央線はネットの撤去作業のため[2]国分寺駅 - 立川駅間でおよそ5時間にわたって運休し[3]、午後6時12分に運行を再開。特急を含めて183本(上下線合計)の列車が運休するなどして、およそ14万5000人の乗客に影響した[2]

警視庁小金井署の調べによると、事故の起きた建設現場ではアパートが建設中で、地上から5メートルほどの高さに鉄骨の足場が組まれ、防護ネットで覆っていた。事故の目撃者の証言によると、強風でネットが煽られ、突然足場ごと倒れたという。同署では工事現場の安全管理が不十分であったとして、工事に携わった関係者から事情聴取を行っている[3]

注釈編集

  1. 共同通信には町名なし
  2. 2.0 2.1 共同通信より
  3. 時事通信より

情報源編集

本ニュースは「共同通信」「読売新聞」および「時事通信」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 47NEWS 『中央線架線に防護ネット倒れる 乗客にけがなし』, 共同通信社、2013年1月30日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 YOMIURI ONLINE 『線路脇ネット倒れ、中央快速線が5時間ストップ』, 読売新聞、2013年1月30日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 時事ドットコム 『工事の足場倒れ、パンタグラフ破損=中央線5時間運転見合わせ-東京・国分寺』, 時事通信社、2013年1月30日。