長野の行方不明少年に「食事を与えた」は嘘

【2005年12月10日】

長野県岡谷警察署によると、長野県で行方不明となっている堀内竜桜(ほりうち・りゅうおう)君について、ウィキニュースの記事「長野県の小学生男児行方不明」でも伝えられた「長野県の行方不明の少年に自宅で食事を与えた」という目撃証言は、嘘だったことがわかった。朝日新聞などが伝えた。

ウィキニュースなどによると、長野県警察本部の調べにより、「4日午後9時ごろ、諏訪市内の国道20号沿いの飲食店前で、ずぶ濡れになって立っていた少年を近くのアパートに住む女性が見つけ、自室で食事させた」とされていた。しかし、朝日新聞によると、この証言に矛盾点が出てきたため、県警がこの女性に確認したところ、「少年とは会っていない。報道を見て創作した」と証言を撤回したという。

この少年はまだ行方不明のままである。岡谷署は8日、捜索のためにフリーダイヤルを設けた。番号は0120-114-890で、24時間受け付けているという。

出典編集