神戸の高校生が新型インフルエンザに感染 海外渡航なし

【2009年5月17日】

朝日新聞によると、5月16日(UTC+9)、神戸市厚生労働省は神戸市の高校生からいわゆる豚インフルエンザといわれる新型インフルエンザの感染が確認されたと発表した。感染した高校生は神戸市内の兵庫県立神戸高等学校と、同県立兵庫高等学校に通学する8人で、いずれも海外渡航歴がなかった。現段階でこの8人は健康状態が安定している。日本においての人から人への感染は初めてである。これを受けて、日本の政府はインフルエンザの国内対策を「第1段階の海外発生期」から「第2段階の国内発生早期」へ引き上げた。

時事通信によると、8人が通っている両高校は去る5月8日、バレーボールの対抗戦を開催しており、兵庫高校の5人中4人は女子バレー部員、また神戸高校の1人も男子バレー部員であった。兵庫高校のバレー部は大型連休の開催期間明けにインフルエンザの流行があり、この試合が開催された日には男子部員1人が、また9日にも2人がそれぞれ欠席した他、5月10日に行われた神戸市外の別の高校との対抗戦の開催日にも2人が体調不良を訴えた。兵庫高校の5人は12日以後に発熱し、なおかつ市外の高校でも体調不良を訴えている生徒がいることから、これらの対抗戦開催中に感染した可能性がある。

また、47NEWSによると、神戸市は今回の事態を受けて神戸市内の小・中・高校・幼稚園・保育所など99の学校(園)を22日までの間休校(園)とすることになった。

神戸まつりのイベントも自粛に編集

 
(資料)神戸まつりの開催自粛を告知するポスター(東大阪市徳庵駅で2009年5月16日撮影)

日経新聞によると、神戸市では今回のインフルエンザ流行を受けて、神戸市内各所で15日から行われている神戸まつりのうち、16日に中央区灘区東灘区で予定されていた行事の開催を中止にし、17日もメイン行事であるパレードを含めた全市でのイベントの開催を見合わせる。メイン会場となっていた神戸市市役所近くの公園では設営されていた屋台などが撤去された。

東京新聞によると、中央区・東遊園地で行われるはずだった「ふれあい中央カーニバル」の会場では、午前9時ごろに開催中止の看板が掲出され、屋台に出展するはずだった露天商の21歳の男性は「20万円もの仕入れが無駄になった」と無念の表情を見せていた。また17日のメイン行事で市民が提案したイベントに参加する予定の59歳の男性も「祭りの準備をしていたのに(中止は)残念」と話している。

スポーツ大会などにも影響 ジェット風船飛ばしも中止に編集

また、47NEWSによると、神戸まつり以外でも神戸市内やその周辺地域で予定されていたスポーツ大会の開催中止・延期が相次いでいる。5月17日にホームズスタジアム神戸で開催される予定だった、女子サッカー・なでしこリーグINAC日テレの試合を始め、関西独立野球リーグなどの大会が中止や延期となった。

デイリースポーツによると、プロ野球オリックスバファローズも、5月16日に京セラドーム大阪で行われた北海道日本ハムファイターズ戦から、7回裏に通常飛ばすことになっていた応援用ジェット風船の販売を中止、球場に持ち込んだファンに対しても風船を膨らます際の唾液の飛沫による感染を防止する観点でそれの使用を控えるように求めた。またデイリーの別の記事によるとこのジェット風船飛ばしの応援が有名な阪神タイガースも、今回の事態を受けてそれを自粛する予定で週明けにも対応策を話し合うことが判った。

出典編集

関連ニュース編集

外部リンク編集

  • 神戸まつり公式サイト(トップページに、5月17日に開催される予定だったメイン行事開催自粛のお知らせが掲載されている)