新型インフルエンザ、日本国内で初の感染確認 大阪の高校生

最新の感染分布図
██ 死亡者が確認された国・地域
██ 感染者が確認された国・地域
██ 感染の疑いのある者が存在する国・地域

【2009年5月9日】

厚生労働省は5月9日午前、日本国内で初めてとなる新型インフルエンザブタインフルエンザ)への感染が確認されたと発表した。

読売新聞によると、この感染者は大阪府高校の生徒2名と40代の男性教諭で、カナダに短期留学をした後、アメリカ発の航空機で5月8日夕方に成田空港に帰国したばかりだった。その後、国立感染症研究所で遺伝子検査をした結果、新型インフルエンザに感染したことが確認された。

ロイターによると、彼ら3人は隔離されており、彼らと共に短期留学した同校の生徒ら関係者33人と周辺の同乗者を含む49人が成田空港近くの施設で待機しているという。

読売新聞が伝えた厚生労働省や大阪府教育委員会による説明では、今回の短期留学は国際交流事業に3つの大阪府立高校が参加しており、4月24日から5月7日の間、各校の生徒30人と付き添いの教員6人の36人が渡航したもの。オンタリオ州の3つの高校を歴訪後、5月8日の午後4時40分ごろにデトロイトからのノースウェスト航空機で成田空港への帰路に着いていたが、その中で行っていた機内検疫で生徒1名と教諭にセキなどの症状が確認され、簡易検査でA型インフルエンザの陽性反応が出た。更に別の生徒1名からも同じような症状を訴えて調べた結果、A型インフルエンザ陽性が確認された。

時事通信によると、同乗者49人については5月9日に空港構内の宿泊施設に待機。この後、検疫法に基づき「停留」措置として、近くのホテルにて10日間程度留め置かれる。

出典編集

関連ニュース編集

外部リンク編集