このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 11月25日の短信 >>翌日

  • (スポーツ・ひと)藤川球児投手が、古巣の阪神タイガースに現役復帰することが決まり、11月24日会見を行った。藤川投手は2012年に退団後はアメリカの大リーグセミプロ・四国アイランドリーグでプレーし、4年ぶりに復帰。背番号18、2年契約の年俸総額推定4億円でサインした - 日刊スポーツ
  • (スポーツ・ひと)J1名古屋グランパスは、同クラブOBの小倉隆史氏が来期のゼネラルマネジャー兼監督に就任したと発表した。小倉氏は1992年グランパスのJリーグ参加と同時に入団、J1で166試合・34点を挙げた。現役引退後はサッカー評論家を経て、今年6月からグランパスのゼネラルマネジャー補佐に就任していたが、今季まで指揮を取っていた西野朗監督の契約満了に伴い退団し、それに代わる新監督として、ゼネラルマネジャーを兼務する形で小倉氏に白羽の矢が立った - スポーツニッポンメ~テレ
  • (スポーツ・ひと)J2に降格する清水エスパルスは、成績不振により退任する田坂和昭氏に代わる新監督として、徳島ヴォルティスを率いた小林伸二氏が新監督に就任することを発表した。小林氏はこれまでJ2時代の大分トリニータモンテディオ山形、ヴォルティスの3チームをJ1に昇格させる手腕が評価された。今年度はJ2に降格したヴォルティスを率いたが14位に低迷していた - 時事通信
  • (文化・ひと)戦前から戦後初期の映画スターとして知られ、「伝説の女優」とうたわれた原節子さん(本名・会田昌江)がさる9月5日、肺炎で亡くなっていたことが分かった。95歳。原さんは1935年、女学校時代に義兄の映画監督の勧めで日本活動写真(現・日活)の多摩川撮影所に入社し、「ためらふなかれ若人よ」でデビュー、1936年にはドイツとの合作映画「新しき土」に主演した。のちに東宝系の映画制作会社に移り、戦争映画の出演を経て、1946年、黒澤明作品・「わが青春に悔いなし」に主演。その後「第2次東宝争議」による労使紛争の影響で、労働組合を脱退、1947年に新東宝の立ち上げに参加するも、すぐにフリーとなった。それ以後も数多くの映画作品に出演したが、1962年の「忠臣蔵」への出演を最後として突如引退。その後は神奈川県内の自宅で余生を過ごし、公から姿を消していた - 朝日新聞

2015年11月25日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。