「ピカソの絵画、約9,500万ドルで落札―史上2位の高値」の版間の差分

公開
(ピカソの絵画、約9200万ドルで落札―史上2位の高値 を ピカソの絵画、約9,500万ドルで落札―史上2位の高値 へ移動: 約9,500万 では??)
(公開)
 
{{日付|2006年5月5日}}
[[w:アメリカ合衆国|アメリカ合衆国]]・[[w:ニューヨーク|ニューヨーク]]で行われた[[w:オークション|オークション]]で、[[w:パブロ・ピカソ|パブロ・ピカソ]]の作品「ドラ・マールと猫」([[w:en:Dora Maar au Chat|Dora Maar au Chat]]) 85008,500万ドル手数料など込みで9521を含めると9,52160006,000ドル=約108億円)で落札された。競売にかけられた[[w:絵画|絵画]]としては史上2番目に高い落札価格となった。
 
朝日新聞、ロイターによると今回のオークションは、サザビーズ社 ([[w:en:Sotheby's|Sotheby's]]) とクリスティーズ社 ([[w:en:Christie's|Christie's]]) が共同で5月2日から開催していたもの。[[w:印象派|印象派]]や[[w:近代美術と現代美術|モダンアート]]がテーマで、個人が所有しており長らく展示されてこなかった作品が多いという。
 
読売新聞、朝日新聞によると、この絵画はサザビーズの出品の中でも目玉とされていた。事前の予想では「ドラ・マールと猫」は50005,000万ドル(約57億円)で落札されると見られており、サザビーズの出品の中でも目玉とされる絵画だったが、結果は予想を大きく上回る高値での落札となった。一方、クリスティーズの目玉とされていたゴッホの「[[w:アルルの女|アルルの女]](ジヌー夫人の肖像)」([[w:en:L'Arlésienne (painting)|L'Arlésienne]]) は、事前予想の40004,000万ドル~5000~5,000万ドルとほぼ同じ4033の事前予想どおり、4,03360006,000ドル(約45億7400万円)で落札された。
 
ロイターによると、これまでの絵画の落札価格をみると、第1位が2004年に1億416万800080,00ドルで落札されたピカソの「パイプを持つ少年」第2位が82508,250万ドルで落札された[[w:フィンセント・ファン・ゴッホ|ゴッホ]]の「医師ガシェの肖像」で、今回の落札価格はこれを上回った。
 
== 出典 ==
[[de:Picassogemälde sind die teuersten Bilder der Welt]]
 
{{査読公開中}}
<!--
記事が書きあがった時点で{{査読中}}に書き換えます。
自分で書いた項目は{{公開中}}にはかえないでください。
査読中のものに新たに資料を付け加えた場合、大幅な加筆をした場合も同様です。
公開前になるべく多くの投稿者に目を通してもらうようにしましょう。
-->
12,244

回編集