「インタビュー:電子フロンティア財団のダニー・オブライエン氏」の版間の差分

(→‎27.1: 権利開放団体へのリンク)
*オリジナル:[[:en:Interview: Danny O'Brien of the Electronic Frontier Foundation/Transcript-Raw]]
節単位で翻訳できるよう、節に分けてあります。必要に応じ、<nowiki>{{翻訳中|~~~|~~~~~}}</nowiki>を表示しながら翻訳してください。長文なので'''多くの方の参加が必要です'''。
==0==
----
「今月のインタービュー」。第2回の1月は、[[w:電子フロンティア財団|電子フロンティア財団]] (EFF) のダニー・オブライエン氏である。このインタビューは1月23日に[[w:インターネット・リレー・チャット|インターネット・リレー・チャット]] (IRC) を通じて行われた。
 
<font color=#004400>January's second [[m:Wikinews/Interview of the month|Interview of the Month]] was with [[w:en:Danny O'Brien|Danny O'Brien]] of the [[w:en:Electronic Frontier Foundation|Electronic Frontier Foundation]] (EFF) on 23 January in [[w:en:IRC|IRC]]. </font>
 
EFFはデジタルの世界でのオンラインの権利に関して、市民、報道、および政策立案者を啓蒙するキャンペーン運動一連、いくつか明確な態度で目立った成功をおさめてきた。そして立法府と法廷でそれらの権利を防御してきた。彼らが[[米SONY BMGの音楽CD、パソコンの安全を脅かす|ソニーBMG・ミュージックエンタテインメントから勝ち取ったもの]]は、ひどく[[w:MGM|MGM]]スタジオ対[[w:グロクスター|グロクスター]]の[[w:アメリカ合衆国最高裁判所|アメリカ合衆国最高裁判所]]での決定を困惑させたが、[[w:ディボールド|ディボールド]]の周囲をかき乱したこのケースによって、この主張する組織は非常に注目された。
 
<font color=#004400>The EFF is coming off a series of high-profile successes in their campaigns to educate the public, press, and policy makers regarding online rights in a digital world, and defending those rights in the legislature and the courtroom. Their settlement with [[w:en:2005 Sony CD copy protection controversy#Legal situation|Sony/BMG]], the amazingly confused [[w:en:MGM Studios, Inc. v. Grokster, Ltd.|MGM v Grokster]] decision by the [[w:en:Supreme Court of the United States|Supreme Court of the United States]], and the disturbing cases surrounding Diebold have earned the advocacy organization considerable attention.</font>
12,244

回編集