侍ジャパン、第2ラウンド連勝、準決勝進出決定 -WBC

【2013年3月10日】

侍ジャパンは、時事ドットコムによると、8日に台湾を4-3で[1]、10日にオランダを16-4(7回コールド)で破って(会場はいずれも東京ドーム)、WBC準決勝への進出を決めた[2]

産経新聞及び時事ドットコムによると、台湾戦は、9回二死まで追いつめられてから、鳥谷敬選手の二井端弘和選手の適時打で追いつき[3][4]、読売新聞によると、10回に勝ち越した[5]

産経新聞によると、オランダ戦は、鳥谷選手の先頭打者本塁打で先制した後も、坂本勇人選手の満塁本塁打も含めた合計6本塁打などで得点を重ね、前田健太投手の5回を無失点の投球もあり、圧勝した[6][7][8][9]

情報源編集

  1. 時事通信 『日本、台湾に逆転勝ち=準決勝進出へ王手【WBC】』, 時事通信社、2013年3月8日。
  2. 時事通信 『日本コールド勝ち、準決勝へ=前田健好投、6本塁打で【WBC】』, 時事通信社、2013年3月10日。
  3. 時事通信 『鳥谷、好走塁で貢献【WBC】』, 時事通信社、2013年3月9日。
  4. 産経新聞 『(8)日本が再び同点に追い付く 九回に井端がタイムリー』, 産経新聞社、2013年3月8日。
  5. 読売新聞 『侍ジャパン、延長戦で台湾破る…4―3』, 読売新聞社、2013年3月8日。
  6. 産経新聞 『6本塁打の圧勝劇 課題の1、2番も好結果 柔軟 起用で活路開く』, 産経新聞社、2013年3月10日。
  7. 産経新聞 『(8)日本が4点取り返す 坂本、会心の満塁弾』, 産経新聞社、2013年3月10日。
  8. 産経新聞 『圧巻の先発・前田健、9奪三振で5回無失点』, 産経新聞社、2013年3月10日。
  9. 産経新聞 『(9)完 日本が七回コールド勝ち 準決勝進出決める』, 産経新聞社、2013年3月10日。

関連ニュース編集