トリノ五輪・女子モーグル、ジェニファー・ハイルに金、上村5位、里谷15位

【2006年2月13日】

読売新聞によると、トリノオリンピック第2日目の現地時間11日(UTC+1、日本時間12日未明)、フリースタイル・スキー女子モーグルの決勝が行われた。日本勢は上村愛子里谷多英伊藤みきの3選手が決勝に進出したが、上村の5位入賞が最高位だった。

上村は第2エアで「コークスクリュー720」の大技を決め、長野オリンピック7位、ソルトレークシティオリンピック6位に続き、3大会連続入賞を果たした。一方の里谷は第2エアでの着地が乱れて15位に終わり、3大会連続のメダル獲得は逃がした。

時事通信、共同通信によると、優勝したのは今冬のワールドカップで種目別首位に立つカナダのジェニファー・ハイルだった。派手なエア技こそなかったものの、確実で安定した滑りをみせ、26.50点の高得点をマーク。見事金メダルを獲得した。また、オリンピック2連覇を狙ったノルウェーのカーリ・トローは25.65点で2位となり、ハイルに0.85点の大差をつけられ敗れた。

なお、畑中みゆきは予選27位で決勝進出はならなかった。

決勝の結果は以下の通り。

  • 1位:ジェニファー・ハイル (カナダ)
  • 2位:カーリ・トロー (ノルウェー)
  • 3位:サンドラ・ラウラ (フランス)
  • 5位:上村愛子
  • 15位:里谷多英
  • 20位:伊藤みき

出典編集