ウクライナ首相にエハヌロフ首相代行

【2005年9月22日】

ウクライナ最高会議は22日、ユーリー・エハヌロフ現首相代行を新しい首相に承認した。CNNなどが伝えた。

この承認は、8日のユリア・ティモシェンコ(前)首相の解任に伴うもの。20日(朝日新聞によれば19日)の会議では、ヴィクトル・ユーシェンコ大統領の推すエハヌロフ首相代行が否決された。しかし、22日の再採決では、2004年のオレンジ革命で対立したヴィクトル・ヤヌコヴィッチ元首相の一派を取り込んだとCNNなどは見ている。賛成票は289票だった。ウクライナ最高会議は、一院制、定員450。

一方のティモシェンコ前首相のグループは反対票を投じたと見られている。

インタファクス通信によれば、エハヌロフ新首相は22日キエフで報道陣に対し、来週、ドニプロペトロフスクで新内閣の構成を発表すると語った。エハヌロフ首相は、内閣の三分の一は新しい顔ぶれになると語った。エハヌロフ首相は、首相代行に任命される以前から、ドニプロペトロフスク州知事を務めていた。

関連項目編集

出典編集