APEC警備中の警部補が拳銃を飲食店のトイレに置き忘れる - 東京

【2010年11月13日】

アジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備を行っていた警視庁高尾署警備課に所属する男性警部補(59)が、11月11日(UTC+9)に東京都港区内の飲食店トイレ拳銃を置き忘れていたことが、同日警視庁の発表により[注釈 1]明らかになった[1][2]

警視庁の話によると、この警部補は11月5日からAPECの警備のため公安部に派遣中で[2]、11日は午前中から港区内で私服[注釈 2]で勤務に当たっていた[1][2]。同僚とともにこの飲食店で昼食をとった後、午後0時30分頃[注釈 3]トイレに行った際、所持していた実弾5発の入った回転式拳銃を腰ベルトごと外し、個室の棚に置き忘れたという[1][2]。警部補は約15分後[注釈 4]に警備車両に戻った時に拳銃を失くしたことに気づき、上司に報告していた[1]

警部補の次にトイレを利用した客が拳銃を発見し、およそ5分後に[注釈 1]店員が近くを警備中の別の警察官に拳銃を届けた[1]。拳銃に使用された形跡はないという[2]

警視庁では、同警部補の処分を検討しているという。同庁の桜沢健一・警務部参事官は、「APEC警備期間中にこのような事態が発生したことは誠に遺憾。厳正な規律保持と適切な職務執行を改めて徹底したい」と述べた[1]

注釈編集

  1. 1.0 1.1 朝日新聞より
  2. 共同通信ではスーツ
  3. 共同通信より
  4. 朝日新聞では約10分後

情報源編集

本ニュースは「共同通信」および「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 47NEWS 『警部補がトイレに拳銃置き忘れ APEC警備中』, 共同通信社、2010年11月11日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 asahi.com 『APEC警備中の警官、飲食店トイレに拳銃置き忘れる』, 朝日新聞社、2010年11月11日。