30年ぶりに日経平均株価が3万円を超える

【2021年2月15日】

2021年2月15日、日経平均株価1990年8月2日以来30年振りに3万円を超えた[1]。2万9662円41銭から取引が開始され[2]、3万0006円46銭を一時記録し、午前中は2万9867円18銭が終値となった[3]。終値は3万0084円15銭であり、前営業日の12日と比較して564円08銭高となった[1]。また東証一部に上場している企業の時価総額が724兆1632億円となり、5営業日連続で最多を記録している[4]

情報源編集

  1. 1.0 1.1 『日経平均終値、3万0084円 30年半ぶり大台回復』, 日本経済新聞、2021年2月15日。
  2. 吉田拓史 『日経平均株価、一時3万円超え 約30年6カ月ぶり』, 朝日新聞、2021年2月15日。
  3. 『東京株、一時3万円台 30年半ぶり、米株高好感―実体経済と隔たり』, 時事通信、2021年2月15日。
  4. 『株価 終値でも3万円超え 30年6か月ぶりの高値』, 日本放送協会、2021年2月15日。