首都高速道路・新宿-渋谷間のバイパストンネルが開通 渋滞3割減少を見込む

【2010年3月29日】

首都高速道路中央環状線新宿 - 渋谷間4.3kmが、3月28日(UTC+9)に開通した[1]。同区間は渋滞の激しい首都高速3号渋谷線4号新宿線を結ぶバイパスの役割を果たすトンネル区間[1][2]で、『山手トンネル』の一部区間を構成している[1]

高架を走る渋谷線と地下のトンネルである中央環状線の約70mに及ぶ高低差をつなぐ大橋ジャンクションも同時に開業した[1]

首都高速道路会社の試算によると、東名高速道路から東北自動車道へ抜けるのに要する時間が、従来の都心環状線経由では58分であったのが、中央環状線経由では18分短縮されるという。首都高速全体では、渋滞が3割減少すると予想されている[1]

28日には開通式典が行われ、歌手・タレントの近藤真彦さんが出席[1][2]。「ドライバーに優しく、環境にも良い。渋滞が緩和されれば事故が減り、二酸化炭素の排出も減少する」とアピールした[2]

中央環状線は、今回の開通により全長47kmのうち8割が完成したことになる[1]

情報源編集

本ニュースは「共同通信」および「サンケイスポーツ」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 47NEWS 『バイパストンネル4キロ開通 首都高、渋滞3割減へ』, 共同通信社、2010年3月28日。
  2. 2.0 2.1 2.2 SANSPO.COM 『マッチ「環境にいい」山手トンネル開通』, 産業経済新聞社、2010年3月29日。