音楽家の加藤和彦氏自殺

【2009年10月18日】

毎日新聞によると、音楽家加藤和彦氏(62歳)が10月17日午前9:25ごろ(UTC+9 以下同)、長野県軽井沢町ホテルで首をつって死んでいるのを長野県警・軽井沢署員などが見つけた。同署によると、遺体には目立った外傷などはなく、部屋に遺書と見られる文章が見つかったほか、知人に「自殺をしたい」とほのめかす電話をしていたことから、加藤氏は自殺を図って死んだものとみられている。

時事通信が軽井沢署員の調べとして紹介したところ、加藤氏は10月16日、1人で宿泊したが、17日朝8時半ごろ、宿泊したホテルのスタッフから同署に「宿泊客の様子を確認してほしい」と連絡があり、同署員が駆けつけたところ、ホテルの浴室で加藤氏が死んでいたのを見つけた。加藤氏は数日前に知人の女性に「死にたい」という電話をしていた。その後は加藤氏と連絡が取れず、心配していた女性がホテルに連絡をし、また加藤氏が訪れそうな場所を探していた。しかしホテル側が内線電話をかけたものの応答がなく、軽井沢署に通報を行ったという。

また、毎日新聞によると、加藤氏が宿泊していた部屋にはあて先が記載された封筒2通が置かれており、遺書らしい文章が書かれてあった。これらの文章はホテルの便箋ではなく別の紙を使いパソコンで書かれていて、事前に加藤氏が用意したものと見られる。また室内や旅行かばんが荒らされた形跡はないという。

毎日新聞の別の記事によると、加藤氏はザ・フォーク・クルセダーズのリーダー時代に「帰ってきた酔っぱらい」を歌いヒットした。解散後はサディスティック・ミカ・バンドを結成。作曲家としても「あのすばらしい愛をもう一度」で大ヒットしたという。

情報源編集