阿蘇山が噴火 警戒レベルを3へ引き上げ

【2021年10月20日】

阿蘇山空撮(2014年)

10月20日午前11時43分、熊本県阿蘇山(阿蘇中岳第一火口)が噴火し、噴煙が3500mまで上がった[1]。噴石は20〜30cmのものが900m飛散[2]、また噴火に伴う火砕流が発生し、火口から1.3kmに達した[2]。噴火に伴う火山灰の降灰は、同日午後7時現在、熊本県阿蘇市高森町南阿蘇村のほか、宮崎県高千穂町でも確認された[3][4]

熊本県の発表では噴火発生時に中岳(標高1506m)付近には登山者が16人いたが、10月20日午後6時現在では全員下山し、けが人はいないという[5]

噴火に伴って気象庁は同日午前11時48分、阿蘇山の噴火警戒レベルを、「火口周辺規制」の2から「入山規制」の3に引き上げた[6]。また、政府は午前11時44分に、官邸危機管理センターに情報連絡室を設置した[6]


情報源編集

  1. 『熊本 阿蘇山で噴火発生 気象庁 噴火警戒レベル3に引き上げ』, 日本放送協会、2021年10月20日。
  2. 2.0 2.1 『阿蘇山が噴火「久しぶりのにぎわいが…」』, 日本テレビ、2021年10月20日。
  3. 『阿蘇山噴火 南東側のカルデラ内外で降灰の報告』, ウェザーニュース、2021年10月20日。
  4. 『阿蘇山噴火 県内にも降灰が 宮崎県』, 宮崎テレビ、2021年10月20日。
  5. 『阿蘇山噴火、警戒続く 登山者16人下山、けがなし』, 共同通信社、2021年10月20日。
  6. 6.0 6.1 『【速報】阿蘇山で噴火が発生、噴火警戒レベル3「入山規制」に引き上げ』, TBS、2021年10月20日。
ウィキペディア阿蘇山に関する記事があります。