証券取引法違反でライブドアを強制捜査、堀江社長宅も

【2006年1月16日】

ライブドア本社が入居する六本木ヒルズのビル群(参考)(GFDL)

日本経済新聞によると、東京地検特捜部は16日午後6時30分ごろ (UTC+9) 、証券取引法違反(風説の流布など)容疑で東京都港区六本木ライブドア本社や、堀江貴文社長の自宅などの家宅捜索を一斉に行った。

2004年10月に、東証マザーズに上場する関連会社「バリュークリックジャパン」(現ライブドアマーケティング)が、株式交換により、出版社「マネーライフ」を完全子会社化したと発表した。しかし、実際には公表前にライブドアの傘下に収めており、中国新聞によるとこの株式交換が不公正な取引(偽計取引)だった疑いがあるという。また、バリュークリックジャパンが2004年11月に発表した決算短信において業績を水増しし、株価を上げようとした「風説の流布」の疑いも浮上している。堀江社長は家宅捜索の直前に「心当たりはない」と話していたという。

日本経済新聞は、2005年4月に一連のニッポン放送株問題で和解したフジテレビとの資本・業務提携や、17日の株式市場や経済界などに大きな影響を与えると見ている。

ロイター通信によると、マネーライフの元社員はロイターの取材に対して「2004年4月にはライブドアに買われていた」と述べたという。

出典編集