訃報 長石多可男氏 - 映画・テレビ監督 『仮面ライダー』シリーズなど手がける

【2013年4月4日】

映画テレビ監督長石多可男(ながいし・たかお)氏が3月31日(UTC+9)、進行性核上性麻痺のため東京都の病院で[注釈 1]死去した。68歳だった[1][2][3]

1945年、広島県江田島市生まれ[1]東映特撮ヒーロー作品に多く携わったことで知られる[1][2]

『仮面ライダー』シリーズでは、1971年から放送された[注釈 2]第1作『仮面ライダー』で助監督を務め[1][2][3]佐藤健氏主演の『仮面ライダー電王』(2007年)や同作の劇場版など、平成仮面ライダーシリーズの多くの作品で監督を務めた[2]。また、『光戦隊マスクマン』『電磁戦隊メガレンジャー[2]天装戦隊ゴセイジャー[1][3]などのスーパー戦隊シリーズの監督も手がけた[1][2]。他に、TBSの刑事ドラマ『Gメン'75』の助監督・監督も務めている[1]

2011年6月に発売されたVシネマ帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic』が遺作となった[2]

注釈編集

  1. 朝日新聞には場所の記載なし
  2. オリコンより

情報源編集

本ニュースは「サンケイスポーツ」「オリコン」および「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 SANSPO.COM 『長石多可男さん死去 平成の仮面ライダー支える』産業経済新聞社、2013年4月3日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 ORICON STYLE 『平成ライダー手がけた映画監督・長石多可男さんが死去』オリコン、2013年4月3日。
  3. 3.0 3.1 3.2 朝日新聞デジタル 『長石多可男さん死去 「仮面ライダー」など監督』朝日新聞社、2013年4月3日。