訃報 坪井俊映師 - 浄土門主、浄土宗総本山知恩院門跡

【2010年9月7日】

坪井俊映師が門跡を務めた知恩院(参考、CC BY-SA 3.0

浄土宗のトップにあたる浄土門主(もんす)で、総本山知恩院第87世[注釈 1]門跡坪井俊映(つぼい・しゅんえい)師が9月6日午前1時50分[注釈 1]UTC+9)、心不全のため京都市内の病院で死去した。95歳だった[1][2]

京都府に生まれ[1][3]龍谷大学研究科(仏教学)修了。佛教大学教授・同大学文学部長[注釈 2]・仏教文化研究所長[注釈 1]などを歴任し[1][2][3]、1992年[注釈 3]名誉教授[1][3]。1994年に浄土宗大本山金戒光明寺法主に就任[1]。任期途中で辞任した中村康隆師の後任として[1]、2007年3月に浄土門主・知恩院門跡に就任した[1][3]

浄土宗の研究家としても知られ[3]、浄土宗の教学のトップにあたる「勧学」を務めた[1]

在任期間中である2011年に迎える宗祖法然の没後800年にあたる[注釈 2]800回大遠忌(だいおんき)法要に向けて尽力[1][2][3]、全国各地の浄土宗寺院を回っていたが、今年5月頃から体調を崩し、自坊で療養生活を送っていた[1]

注釈編集

  1. 1.0 1.1 1.2 京都新聞より
  2. 2.0 2.1 朝日新聞より
  3. 産経新聞より

情報源編集

本ニュースは「京都新聞」、「産経新聞」および「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 『坪井俊映氏死去 浄土門主、知恩院門跡』, 京都新聞社、2010年9月6日。
  2. 2.0 2.1 2.2 asahi.com 『浄土門主で知恩院門跡の坪井俊映さん死去 95歳』, 朝日新聞社、2010年9月6日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 MSN産経ニュース 『浄土門主、総本山知恩院門跡の坪井俊映師が死去』, 産業経済新聞社、2010年9月6日。