【2010年5月7日】 時事通信によると、脇役俳優として数多くの作品に出演し続けた佐藤慶氏(さとう・けい 本名・佐藤慶之助)が5月2日午後4:19(UTC+9)、肺炎のため東京都内病院で亡くなった。81歳。サンケイスポーツによると、佐藤氏はここ数年体調を崩して入退院を繰り返し、仕事も控えていたという。

サンケイスポーツによると、佐藤氏は福島県出身。会津若松市役所勤務を経て1950年に俳優座養成所に入門。「青春残酷物語」を始めとした大島渚監督作品を中心に映画の舞台で活躍。中でも1981年に上映された「白日夢」(武智鉄二監督作品)においては愛染恭子さんと実際にセックス本番とも)をするシーンを撮影して話題になった。

スポーツニッポンによると、他にも落ち着いた低い声を生かしてドキュメント映画東京裁判」など、ナレーション声優としても活躍した。

情報源編集