訃報 佐伯旭氏 - シャープ元社長「中興の祖」

【2010年3月13日】

シャープ社長で、「中興の祖」と呼称された佐伯旭(さえき・あきら)氏が、2月1日(UTC+9)に慢性腎不全のため死去していたことが明らかになった。92歳だった[1][2]。シャープが3月11日に発表した[1]

広島県出身[1][3]。1935年に早川金属工業研究所(現在のシャープ)に入社[1][2][3]。1958年に専務に就任して以降、会社経営の中枢を担うようになった[1]。1970年、創業者の早川徳次氏の後任として2代目社長に就任[2]。社名をシャープに改めたほか、同年の大阪万博への参加を見送り、参加資金を研究開発拠点建設に用いた[3]。以後、1986年に会長となるまで16年にわたり社長職を務める[2]。1973年に液晶事業を開始[3]、また半導体事業を促進し、一介の町工場であったシャープを世界的な総合電機メーカーへ成長させた[1][2]町田勝彦・現シャープ会長は女婿[1][2]

情報源編集

本ニュースは「共同通信」と「朝日新聞」、「時事通信」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 47NEWS 『シャープの佐伯旭氏死去 2代目社長「中興の祖」』, 共同通信社、2010年3月11日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 asahi.com 『シャープ「中興の祖」、元社長の佐伯旭さん死去』, 朝日新聞社、2010年3月11日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 時事ドットコム 『佐伯旭氏死去(元シャープ社長)』, 時事通信社、2010年3月11日。