訃報 ジェラルド・フォード元米大統領

【2006年12月27日】

故ジェラルド・フォード元米大統領

CNN およびロサンゼルスタイムズによると、38代アメリカ合衆国大統領ジェラルド・R・フォード氏が、26日午後6時45分 (UTC-5) 、93歳で死亡した。死因は明らかにされていない。

フォード氏は、1974年に辞任したリチャード・ニクソン氏の後任として大統領に就任。ウォーターゲート事件をきっかけに副大統領から昇格したため、「選挙なしに就任した初の大統領」となった。ベティ夫人との間にマイケルさん、ジャックさん、スティーヴンさん、スーザンさんの4人の子供がいる。歴代アメリカ大統領の中では最長寿だった。

CNN によると、ベティ夫人は、「私の家族は、最愛の夫であり、父であり、祖父でも曽祖父でもある彼の死というこの悲しいニュースを分かち合っている。彼の人生は神と家族と、国中の愛に満たされていた。」との声明を出した。また、ロサンゼルスタイムズによれば、現大統領のジョージ・ウォーカー・ブッシュ氏とローラ夫人は、ホワイトハウスで知らせを聞き、「非常に悲しい」と述べたという。

出典編集