訃報 グロリア・スチュアートさん - 米女優、「タイタニック」で史上最高齢のアカデミー賞ノミネート

【2010年9月30日】

グロリア・スチュアートさん(1934年の映画「これがアメリカ艦隊」より、PD-US)

アメリカ合衆国女優グロリア・スチュアートさんが9月26日夜(UTC-7)、ロサンゼルスの自宅で死去した。100歳だった[1][2][3]。家族が公表したもので[2]、死因は老衰と見られている[1][3]

1910年、カリフォルニア州サンタモニカ生まれ[2]カリフォルニア大学バークレー校[3]在学中に演劇などを学び[1][2][3]、舞台女優としてデビュー[2]。後にハリウッド入りし、「透明人間」(1933年)などの映画に出演した[1][3]

1940年代に一度引退し[3]美術分野に活動を移したが、1970年代に女優活動に復帰[1][3]。87歳のときに出演した[2]映画「タイタニック」(1997年)では、ケイト・ウィンスレットさんが演じた[3]ヒロイン・ローズの老後役を演じ、同役でアカデミー助演女優賞にノミネート[1][2][3]。史上最高齢のアカデミー賞候補となった[2][3]

スチュアートさんは5年前に乳癌の診断を受けたが、その後は回復していたという。スチュアートさんの娘はロサンゼルス・タイムズの取材に対し、「病気のことは全く気にとめていなかった。強い女性だった」と述べた[2]

情報源編集

本ニュースは「共同通信」、「ロイター」および「スポーツ報知」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 47NEWS 『グロリア・スチュアートさん死去 米女優』, 共同通信社、2010年9月28日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 『映画「タイタニック」の女優G・スチュアートさんが死去』, ロイター、2010年9月28日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 3.7 3.8 3.9 スポーツ報知 『G・スチュアートさん死去…100歳老衰』, 報知新聞社、2010年9月29日。