訃報・大橋巨泉さん - テレビ番組の司会者などとして活躍

【2016年7月21日】

テレビ番組「11PM」などの司会者や元参議院議員として知られた、タレントの大橋巨泉(本名:大橋克巳)さんが7月12日急性呼吸不全のため82歳で亡くなった[1][2]

大橋さんは、東京都墨田区出身[2]早稲田大学中退後[1]、ジャズ評論家や放送作家を経て日本教育テレビ(現:テレビ朝日)の番組で司会者としてデビュー[2]、その後「11PM」(1966年)の司会者となり『野球は巨人、司会は巨泉』というキャッチフレーズで一躍有名となるとともに[2]、テレビコマーシャルの「はっぱふみふみ」(万年筆)、「なんちゅうか、本中華」(食品)といった流行語も生み出した[1]。また、「クイズダービー」や「世界まるごとHOWマッチ」といった番組を手がけ、現在のバラエティー番組の雛形を作り上げたと言われており[3]マルチタレントとして活動していたが[1]、1990年に「セミリタイア」を宣言、以降はテレビのレギュラー番組を降板しライフバランスを重視した生活を送った[2]

2001年の参院選比例区民主党(当時)から立候補し当選するが、テロ対策特措法への対応を巡り執行部と対立、半年後に辞職した。その後、2005年の「マスコミ九条の会」の呼びかけ人となるなど政界でも活動していた[2]。2005年には、胃癌が見つかり摘出手術を受けたほか[2]、2013年には中咽頭癌と診断され闘病生活を送っていた[1]。今年6月には20年以上にわたり週刊現代で連載していたコラムも終了した[1][2]

大橋氏を知る人らは編集

大橋さんの訃報を受けて、司会者の関口宏さんは「民放らしいテレビ番組を作り上げた功績は大きかったと思います。仕事以外でも楽しい思い出がいっぱい残っています。ありがとうございました。」とコメントしているほか、俳優の石坂浩二さんは「無念の想いでいっぱいです。たくさんの巨泉さんの姿と言葉が頭の中を巡っており、これからも忘れず、思い起こしては自分の励みにしていきたいと思います。」とコメントしている[4]

情報源編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 『大橋巨泉さん死去 テレビ司会者、82歳』, 朝日新聞、2016年7月20日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 『大橋巨泉さん死去 多芸多才、TVの寵児』, 東京新聞、2016年7月21日。
  3. 『がん闘病11年、大橋巨泉さん逝く 「11PM」「クイズダービー」「HOWマッチ」…』, スポーツ報知、2016年7月21日。
  4. 『大橋巨泉さんの死を惜しむ声 各界から』, 日本放送協会、2016年7月20日。