競泳・ダーレオーエン選手急逝 - 北島選手のライバル

【2012年5月2日】 読売新聞によると、ノルウェー競泳選手で、2011年世界水泳選手権100m男子平泳ぎ優勝者のアレクサンデル・ダーレオーエン氏が、4月30日夜(現地)、アメリカ合衆国アリゾナ州の合宿先で急死していたことがわかった。26歳の若さだった。

読売がノルウェーの水泳連盟発表を基に紹介したところによると、ダーレオーエン氏は4月30日午後7:50頃、アリゾナ州で合宿中、宿舎の風呂場の床に倒れていたのをチームメイトに発見され、チームドクターが蘇生を施し救急車で病院に運ばれたが、約1時間後の9時ごろ、死亡が確認された。

スポーツニッポンによると、ダーレオーエン氏は日本北島康介選手の最大のライバルとされており、北島選手はツィッターを通して「涙が止まらないよ…」とコメント。また北島氏が所属する芸能事務所を通して「よき友であり、よきライバルだった彼(ダーレオーエン氏)の突然の死去に驚いている」と話している。

また日刊スポーツによると、国際水泳連盟は「衝撃を受けている。ノルウェーの水泳界を哀悼を分かち合う」とダーレオーエン氏を哀悼した。

情報源編集