王貞治氏、腸閉塞の手術を受ける

【2009年9月23日】

王氏(CC2.0資料 2006年ワールドベースボールクラシック・日本代表)

47NEWSによると、日本プロ野球福岡ソフトバンクホークスは、前監督の王貞治氏(69歳)が、腸閉塞胆嚢(たんのう)の摘出のための手術を9月21日(UTC+9 以下同)受けて、無事に終了したと発表した。

ソフトバンク球団によると、王氏は9月11日ごろから腹部に痛みを訴えて9月14日に検査入院。9月19日に内ヘルニアによる腸閉塞と胆石症がわかり、内視鏡手術を受けた。朝日新聞によると、王氏は2006年に胃がんの手術を受けていたが、今回はその転移は確認されていない。

両新聞によると、王氏は10日間程度で退院できる見込みであるが、9月24日に開催される「東京都名誉都民」の顕彰式には出席せず、次女の理恵さんが代理出演するという。

情報源編集