「第33回出雲駅伝、東京国際大学が初優勝」の版間の差分

出典
(3区から6区、総合記録)
(出典)
レースは1区、残り200メートルで青山学院大学の3年生・近藤幸太郎がスパートをかけ、そのままトップでタスキを渡し、23分41秒で区間賞を獲得した<ref name="Sponichi1ku" />。2位には[[w:早稲田大学|早稲田大学]]、3位は東京国際大学<ref name="Izumo" />。
 
2区では8秒差の6位で襷をもらった國學院大學の4年生・木付琳が先頭を猛追<ref name="Nikkansports2ku" />。そのまま逆転してトップでタスキを渡し、区間賞を獲得した<ref name="hochi2ku" />。2位に[[w:順天堂大学|順天堂大学]]、3位に東京国際大学<ref name="Izumo" /><ref name="hochi2ku" />。
 
3区では東京国際大学の3年生・丹所健が区間2位の走りで順位を2つ上げてトップに立った<ref name="hochi3ku" />。中位では[[w:創価大学|創価大学]]の3年生・フィリップ・ムルワが8人抜きで順位を10位から2位に上げる快走で区間賞を獲得した<ref name="Sponichi3ku" />。
 
4区でも東京国際大学の1年生・白井勇佑がトップをキープ<ref name="Izumo" />。区間賞は順位を4位から2位に上げた早稲田大学の1年生・石塚陽士が獲得した<ref name="4years20211010" />。
 
5区でも東京国際大学の3年生・宗像聖がトップをキープ<ref name="Izumo" />。6位でタスキを受けた[[w:東洋大学|東洋大学]]の[[w:石田洸介|石田洸介]]は4人を抜いて2位でタスキを渡し、区間賞を獲得した<ref name="BBM20211011" />。
 
6区でも東京国際大学の3年生・[[w:イエゴン・ヴィンセント・キベット|イエゴン・ヴィンセント]]が区間賞の走りでトップをキープし、優勝のゴールテープを切った<ref name="Postseven20211010" />。青山学院大学は3年生・横田俊吾が区間3位の走りで2つ順位を上げてトップから1分57秒差で2位、東洋大学は3位でゴールした<ref name="NEWS2420211011" />。[[w:駒澤大学|駒澤大学]]は3年生・[[w:田澤廉|田澤廉]]が8位で襷を受けると区間2位にの走りで順位を3つ上げ5位でゴールした<ref name="Getsuriku20211010" />。
<ref name="Kyodo20211010">{{情報源・ウェブ|url=https://nordot.app/819808744506769408?c=39546741839462401|タイトル=東京国際大、初出場で優勝|発行者=共同通信社|日付=2021年10月10日}}</ref>
<ref name="Sponichi1ku">{{情報源・ウェブ|url=https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/10/10/kiji/20211010s00063000410000c.html|タイトル=【出雲駅伝1区】青学大・近藤 ラストスパートで区間賞、父への「いい誕生日プレゼントに」|発行者=スポーツニッポン|日付=2021年10月10日}}</ref>
<ref name="Nikkansports2ku">{{情報源・ウェブ|url=https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/202110100000435.html|タイトル=元乃木坂衛藤美彩の弟の国学院大・木付琳2区区間賞「想定通り100点」|発行者=日刊スポーツ|日付=2021年10月10日}}</ref>
<ref name="hochi2ku">{{情報源・ウェブ|url=https://hochi.news/articles/20211010-OHT1T51078.html?page=1|タイトル=国学院大・木付琳が2区で逆転 区間賞獲得「想定通り100点の走りだったと思う」…2年ぶり出雲駅伝|発行者=スポーツ報知|日付=2021年10月10日}}</ref>
<ref name="hochi3ku">{{情報源・ウェブ|url=https://hochi.news/articles/20211010-OHT1T51082.html?page=1|タイトル=東京国際大が首位浮上 丹所健がトップでタスキつなぐ…2年ぶり出雲駅伝|発行者=スポーツ報知|日付=2021年10月10日}}</ref>
23

回編集