「2014年東京都知事選、舛添要一氏当選」の版間の差分

査読を受け修正を実施。
(査読を受け修正を実施。)
{{Wikipedia|2014年東京都知事選挙}}
 
[[w:猪瀬直樹|猪瀬直樹]]前[[w:東京都知事|東京都知事]]の辞任を受け、行われた東京都知事選挙は2月9日に投開票が行われ、[[w:舛添要一|舛添要一]]氏([[w:自民党|自民党東京都連]]、[[w:公明党|公明党東京都本部]]推薦)が当選した。<ref name="nhk">{{情報源・ウェブ|url=http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140210/k10015140441000.html|タイトル=東京都知事選 舛添要一氏が初当選|著者=NHK NEWSWEB|発行者=NHK|日付=2014年2月10日}}</ref><ref name="mainichi">{{情報源・ウェブ|url=http://mainichi.jp/select/news/20140210k0000m010057000c.html|タイトル=都知事選:舛添氏が大差で初当選 次点は宇都宮氏に|著者=毎日新聞|発行者=毎日新聞|日付=2014年2月9日}}</ref>
 
今回の投票率は、46.14%で前回(2012年・62.60%)を下回った。これまで、最も低かった投票率は1987年に行われた43.19%。<ref name="asahi">{{情報源・ウェブ|url=http://www.asahi.com/articles/ASG295WJNG29UTIL02X.html|タイトル=東京)大雪残った 都知事選、投票率は…|著者=朝日新聞|発行者=朝日新聞|日付=2014年2月10日}}</ref><ref name="yomiuri">
{{情報源・ウェブ|url=http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20140209-OYT1T00144.htm?from=ylist|タイトル=都知事選投票率46・14%…過去3番目の低さ|著者=読売新聞|発行者=読売新聞|日付=2014年2月10日}}</ref><ref name="nikkei">{{情報源・ウェブ|url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG09042_Q4A210C1CC0000/|タイトル=都知事選投票率46.14%、過去3番目の低さ 残雪影響か|著者=日本経済新聞|発行者=日本経済新聞|日付=2014年2月10日}}</ref>
 
当選した、舛添氏は「政策を訴え、最も有権者と対話できた。東京を世界一の街に、そして何よりも五輪を確実に成功させたい。原発依存を削減することは重要だ。」と述べた。<ref name="mainichi"></ref>
 
==開票結果==
開票結果は次の通り。全候補が新人。諸派のマック赤坂氏を除いて無所属。<ref name="nhk"></ref><ref name="jiji">{{情報源・ウェブ|url=http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014021000022|タイトル=東京都知事選開票結果|著者=時事ドットコム|発行者=時事通信|日付=2014年2月9日}}</ref>
 
#舛添要一-2,112,979票
#[[w:宇都宮健児|宇都宮健児]]-982,594票
#[[w:細川護熙|細川護熙]]-956,063票
#[[w:田母神俊雄|田母神俊雄]]-61610,865票
#[[w:家入一真|家入一真]]-88,936票
#[[w:中松義郎|ドクター・中松]]-64,774票
#[[w:根上隆|根上隆]]-1,904票
#[[w:酒向英一|酒向英一]]-1,297票
 
==各立候補者・支援者のコメント==
選挙結果を受け、各候補は次のように述べている<ref name="nhk"></ref>。
*舛添要一氏
**多くの有権者の方に政策を訴え続けられたことが評価されたと思う。東京を世界一の町にしたい。福祉・防災・経済、そして東京オリンピックを成功させたい。
*宇都宮健児氏
**前回(2012年)の選挙よりも、手応えを感じられた。公開討論会が少なく、有権者に政策の理解が広がらなかった。低投票率も不利になったと思う。
*細川護熙氏
**準備期間が短かったことや、原発問題が争点にならなかった、などが原因で不本意な結果になった。街頭演説で感じた熱気と結果の差に努力不足を感じている。
*[[w:小泉純一郎|小泉純一郎]]氏(細川氏支援)
**不本意な結果ではあったが、細川氏に敬意を表する。これからも、原発ゼロを目指して努力していく。
*田母神俊雄氏
**組織が無い中でも、票に繋がったことは一定の成果が得られた。日本を取り戻すためには、第一に日本の利益を考える政治家が集まることが必要。これからも、政治活動を続けていく。
*家入一真氏
**支持者の期待に応えることはできなかったが、インターネットを使用して若者が政治に声を上げることができた。若者の声を集めた政策を反映させるべく、新知事に要望したり知事ではなくてもできることをしていきたい。
*ドクター・中松氏
**街頭演説やインターネットでの、反響が大きかっただけに意外な結果。低投票率だったことも、要因の一つ。
 
==情報源==
3,278

回編集