沖縄県那覇市の水路で鉄砲水 作業員5人が流され4人死亡

【2009年8月22日】

47NEWS(共同通信)・朝日新聞によると、8月19日午後2時頃(UTC+9、以下同様)、沖縄県那覇市樋川を流れる排水路、通称「ガーブ川」で鉄砲水が発生し、水路の地下への入口付近で作業をしていた作業員ら5人が流された[1][2]

流された5人のうち1人は午後3時25分頃に現場から約1km下流で救出されたが[1]、残る4人は沖縄県警那覇署による捜索の結果、翌8月20日の未明から朝にかけて遺体で発見された[3][4]

那覇署らの調べによると、19日午前10時頃から、作業員6人が水路の底部分で橋の耐震強度調査を行っていたが、午後1時30分頃に大雨が降り、撤収作業中であった30分後の午後2時頃に急激な増水が起こり、水路にいた5人が流されたという[1][2]。増水前の水深は30[2]〜50センチ[1]程度であったと見られている。

沖縄気象台によると、発生当時の現場上空は大気の状態が不安定で、19日午前には雷注意報が、午後には大雨洪水注意報が発表されていた。午後2時頃には時間雨量20〜30ミリの強い雨が降っていたと見られている。同気象台は、「事故現場付近で局地的に強い雨が降り、急激に水位が上昇した可能性がある」とみている[1][2]

耐震強度調査を請け負った間瀬コンサルタントによると、事前に作成した業務計画書には「天気の変化には十分に注意」「水路外から水路内へロープをわたし、緊急時に救出できるようにする」など対策が明記されていた。その一方で、作業中止の判断については「現場に任せていた」(同社福岡支店)という[3][4]。県警は、安全対策に問題がなかったか関係者に事情を聴き、業務上過失致死の疑いも含めて調査する方針[4]

情報源編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 47NEWS 『鉄砲水で作業員4人行方不明 那覇、橋調査中に上流で大雨か』, 共同通信、2009年8月19日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 asahi.com 『那覇中心部の川 作業員5人、鉄砲水に流され4人不明』, 朝日新聞社、2009年8月19日。
  3. 3.0 3.1 47NEWS 『鉄砲水、作業員4人の遺体発見 那覇、現場の下流で』, 共同通信、2009年8月20日。
  4. 4.0 4.1 4.2 asahi.com 『鉄砲水 4遺体発見』, 朝日新聞社、2009年8月21日。