沖縄の米軍基地で竜巻

【2006年11月18日】 読売新聞、毎日新聞によると18日午後1時 (UTC+9) ごろ沖縄県名護市辺野古のアメリカ合衆国海兵隊キャンプ・シュワブ内で突風があった。竜巻が通過したと見られている。米軍人3人が負傷、車21台が横転するなどして破損したという。このうち車2台が大破した。

毎日新聞によると竜巻は基地近くの辺野古漁港付近から基地内に抜けたとみられており、船のアンテナが折れるなどした。

沖縄気象台によると、同時刻ごろ、名護市上空を強い積乱雲が通過しており、竜巻を起こした可能性があるという。この日は大気が不安定で、名護地区では午前11時40分からの1時間に44ミリの雨が降った。突風が発生したときは大雨洪水警報が出ていた。沖縄気象台は突風の進行経路などを調べるため19日朝現地調査をする。

出典