武豊騎手2600勝ジョッキーに

【2005年7月18日】

武豊騎手が、7月17日、福岡県小倉競馬場で開かれた中央競馬で第2レース「3歳未勝利馬戦」に出場し、1着となってJRA通算2600勝を達成した。騎乗した馬はガラントブラウンであった。

武騎手は1987年3月のデビュー以来中央競馬史上最速のペースで勝ち星を積み重ねており、2600勝は18年4ヶ月目・12594レース目での史上最速・最年少記録である。歴代でも2005年3月に引退した岡部幸雄元騎手に次いで2人目の大快挙である。

武騎手は「500勝と1000勝も小倉で達成しているので嬉しい」と話している。

出典編集