東急田園都市線で列車がホームに接触

【2006年6月26日】

事故を起こしたのと同系統の列車(資料)

22日、東急田園都市線用賀駅にて同駅を通過中の上り急行列車がホームに接触した。東京急行電鉄(東急)と東京地下鉄(東京メトロ)が26日に発表した。

両社の発表によると、接触したのは6月22日午前7時19分頃で、東京メトロ所属の半蔵門線8000系電車(中央林間駅発半蔵門線清澄白河駅行き)が用賀駅上りホームを通過する際、2・5・8・9号車の車端部側面がホーム端に接触した。ロイターによればホームの21箇所に10cmから2mの傷が付いた。東急および東京メトロが線路、ホームおよび車両を緊急点検したが異常は見つからず、原因は未だに不明であるという。共同通信によれば、用賀駅は線路が曲線となっており、何らかの原因で異常な遠心力が働いたと見られている。朝日新聞によれば、乗客約3,000人にけがはなかった。読売新聞によると、この列車は終点までそのまま運転された。

同線では、原因が判明するまで同駅の通過速度を時速50キロに制限(通常は75キロ)し、当該車両の使用を中止する。

出典編集