日本競馬の最多連敗記録保持者・エリザベスクィーン初勝利 兵庫県競馬

【2008年7月30日】

日刊スポーツによると、兵庫県園田競馬場で行われた7月29日の第8レースにおいて、日本の中央地方競馬を通して最多の連敗記録を更新し続けてきたエリザベスクィーンが初勝利を決め、連敗を165で止めた。

サンケイスポーツによると、エリザベスクィーンは北海道日高町生。2003年6月のデビュー以来地方競馬を転籍し続け、2008年6月17日のレースにおいて日本の競走馬最多連敗記録の162を16年ぶりに破る新記録を「達成」して注目された。

両新聞によると、エリザベスクィーンは7月29日のレースにおいては単勝式4番人気(11頭立て)で出場し、スタート後から2番手の好位置にいた。そして最後の直線でスパートをかけてゴール直前で先頭にいた馬を交わしての優勝だった。

サンスポのインタビューに応えた栗林徹治調教師は「長いトンネル(連敗)を抜けてよかった。これで一気に連勝したい」と語り、また同馬に騎乗する板野央騎手も「今まで悔しい思いをしてきたが、大レースに勝てたくらい嬉しい」と喜びを語っている。

出典編集