手紙で自殺予告、伊吹文明文科相に直接

【2006年11月7日】

文部科学省は、いじめによる自殺を予告する手紙が6日正午頃に伊吹文明文科相宛てに届いたと、7日未明発表した。

伊吹文科相宛に届いた手紙には「大臣」「教育委員会」「校長」「担任」「クラスのみんな」「(クラスのみんなの)保護者」「両親」宛ての7通が一緒に入っており、「いじめを受けており、8日までに状況が変わらなければ11日に学校で自殺する」など、自殺を予告する内容が書かれていたという。

毎日新聞に掲載された手紙の全文によれば、手紙は「いじめが原因の自殺証明書」と題されたもので、クラスの友人にズボンを下ろされたり、陰口を言われたり、避けられたりしていることを綴っており、親を通じて校長や教育委員にも相談したが何も変わっていない、自殺をすることでいじめた友人、何もしなかった教師、校長、教育委員についても責任を取らせて欲しいと記している。また、「僕」と自称している。

消印から「豊」で始まる郵便局から差し出されたもので、消印のもう一字が専門家が封筒の調査をした結果「島」と見られることから、文部科学省は東京都豊島区で投函された可能性が高いと考え、豊島区に重点を置いて調査をしている。

伊吹文科相は差出人に対して、「命は一つしかない。正確な気持ちを必ず誰かに伝えてください。」と呼びかけた。

伊吹文科相は「悪戯を含めて様々な可能性が考えられるが、教育委員会や教師に対し、命に関することで『隠したり放置してはいけない』と指導している省として、率先して姿勢を示す」と手紙の内容を公表した理由を述べた。

出典編集