愛されたカラーフィルムに終焉

【2009年6月23日】

コダクローム64フィルム
(cc-by-sa-3.0)

時事通信と産経新聞によると、米写真関連大手のイーストマン・コダックは22日(UTC+9、以下同様)、カラーフィルム「コダクローム」の製造を年内で中止することを明らかにした。日本での販売は既に中止されている。

コダクロームは1935年に世界初の市販カラーフィルムとして発売された。ネガフィルムと異なり、現像したフィルムに画像が再現される「リバーサルフィルム」で、再現性が高いことからスライドなどにも使われ、プロカメラマンを中心に人気を集めていた。しかし、コダクロームは現像工程が特殊で、それを行える工場は現在では米カンザス州の1ヶ所だけとなっていた。

産経新聞によると、コダック社の売り上げ全体の7割がデジタル分野を占め、コダクロームは売り上げの1%未満。また、時事通信によると、売り上げがコダック静止画フィルム全体の1%程度だとしている。歌手ポール・サイモンの曲「僕のコダクローム(邦題)」にも歌われたカラーフィルムは、フィルム不要のデジタルカメラが全盛期を迎える中、歴史の幕を静かに閉じる。

情報源編集

外部リンク編集