富山のサッカー社会人新チーム名は「カターレ富山」

【2007年11月14日】 日刊スポーツと朝日新聞及び北陸中日新聞によると、社会人サッカー・日本フットボールリーグ(JFL)YKK APアローズ北陸を統合し2008年から参戦する予定の富山県のクラブチームの名称が11月12日、「カターレ富山」と決まった。

日刊と北日本放送、北日本新聞によると、富山県方面で「勝て」を意味する「勝たれ」や、イタリア語の「歌」を意味する「カンターレ」、また愛するチームをともに「語れ」から命名された。KNBによると、富山サッカー協会がチーム名を一般から募集し、1086件の応募があった。そこから審査を行った結果このチーム名となった。今後は選手・監督などのメンバーやユニホームなどを年内をメドに発表する。同チームは2009年のJリーグ参戦を目指している。

出典編集