台風9号、10日-11日にも近畿・東海・関東に接近か

【2009年8月10日】 朝日新聞によると、台風9号は8月10日夜(UTC+9 以下同)から11日朝にも近畿東海地方に接近し、その後は東寄りに進路を変えて11日日中に本州南岸に進み、更に関東地方に接近する恐れがある。気象庁は台風による突風・竜巻や土砂災害、河川増水などに警戒を呼びかけている。台風9号は中心気圧994hPa、中心付近の最大風速は18m、時速15kmの速さで北に進んでいる。

日経新聞によると、この台風9号による大雨で兵庫岡山の両県で9人が死に、行方不明者も出ている。また産経新聞によると、10日午前9時20分時点で、徳島市で66.5ミリ、千葉県佐倉市で65ミリなどの激しい豪雨が降り、特に佐倉市では観測史上最高の降雨を記録している。

朝日と日経によると、この台風による影響で南から湿った空気が流れる影響で、四国と東海では10日夜まで、また関東・甲信地方東北地方でも11日朝にかけて1時間50-70ミリの非常に激しい雨が降り、局地的に1時間80ミリ以上の猛烈な豪雨となる可能性もある。また四国・近畿地方ではこれまでの降雨により土砂災害の危険性が非常に高まっているため警戒するよう呼びかけている。

また朝日によると、台湾に甚大な被害をもたらした台風8号についても8月10日午前に東寄りに進路を変えており、8月12日未明3時ごろに九州地方に接近する恐れがある。

情報源編集