メインメニューを開く

台風8号で宮古島地方に「暴風・波浪特別警報」 最大級の警戒を

【2014年7月7日】

大型で非常に強い台風8号が、7月8日にかけて猛烈な勢力となり、沖縄県に最も接近する恐れがあるとして、日本の気象庁宮古島地方に暴風波浪特別警報を発令し、最大級の警戒と早めの安全確保をするように呼びかけている。[1]

気象庁の観測では7月7日午後9時には沖縄の南の海上を1時間に25㎞の速さで北西に進んでいるとみられ、中心気圧930㍱(ヘクトパスカル)、中心付近の最大風速50m、最大瞬間風速70mで、中心から半径200㎞の範囲内では風速25m以上の暴風が吹いている。台風はさらに発達しながら北上を続け、8日には猛烈な勢力となって先島諸島沖縄本島に近づく見込みで、最大風速は55m、最大瞬間風速は75mと予想されている。また沖縄・奄美の沿岸では8日の波の高さが10mを超える猛烈な大しけとなる可能性がある。[1]

気象庁はこの台風による記録的な暴風や高波により、甚大な被害が出る恐れがあるとして、7日午後6時20分、宮古島地方に暴風・波浪特別警報を発令した。また今後沖縄本島地方に波浪特別警報を、また雨脚がさらに強まる恐れがあり、大雨や高潮の特別警報を発令する可能性もあるとして、暴風・高波・大雨・高潮への最大級の警戒をするとともに、避難の指示・勧告といった自治体の情報にしたがって避難を行うなど、台風が近づく前に早めの安全確保をするように呼びかけている。[1]気象庁によると、「今回の台風は沖縄に接近するものとしては過去最強クラスに当たる」としている。[2]

特別警報は2013年8月に運用が開始されている。台風での特別警報は「台風の勢いが数十年に一度の高さで自然災害が見込まれる際」に発令されるとしており、今回の発令は台風を基準としたものとしては初めてのケースである。[3]

大雨が続く九州にも影響拡大か編集

また、台風8号は8日午前に宮古島に接近したのちは進路を東寄りに変えて、7月6日から大雨が降り続いている九州付近に進むものと見られる。九州では6日から7日にかけて梅雨前線の影響で長崎熊本鹿児島の各県で総雨量が200-300㎜を超える大雨となっている地域があり、特に鹿児島県さつま町では1時間に88.5㎜もの猛烈な大雨を観測している。気象庁は九州においても、暴風や高波に加え、土砂災害や河川の増水・氾濫などにも厳重に警戒するようにと呼びかけている。[3]

那覇でのプロ野球の試合、異例の前日中止発表編集

今回の台風8号の影響により、プロ野球横浜DeNA球団は7月7日、沖縄セルラースタジアム那覇で8日に行う予定だった巨人軍との試合の開催中止を発表した。[4] [5]

横浜DeNA球団は台風による選手や観客の安全確保が難しいとして前日のうちに試合中止を決めたもので、セ・リーグ事務局は「天候を理由として前日のうちに中止となった例は記録になく、異例のことである」としている。[4]

情報源編集