元都知事候補・外山容疑者、道交法違反で逮捕

【2007年6月13日】

外山容疑者(GFDL 2007年4月、東京都知事選挙での街頭演説で撮影)

時事通信によると、鹿児島県警鹿児島中央署は6月12日、熊本市在住で文筆家外山恒一(とやま・こういち)容疑者(36歳)が、一方通行の道路を逆送したなどとして、道路交通法違反(通行禁止・最高速度超過)の疑いで逮捕した。

読売新聞によると、警察の調べで外山容疑者は、2006年1月17日に鹿児島市内の一方通行の市道バイクに乗った際、それを逆送した他、同じ年の7月10日には同市内の国道10号で時速30キロの法定速度を20キロオーバーして運転したとされている。外山容疑者は一方通行の逆走は認めながら、「裁判で話す」として反則金5000円を納付せず、速度違反に関しても署名等を拒否した。調べに対し、外山容疑者は「(容疑は)全て黙秘する」と話している。

読売によると外山容疑者は2007年4月の東京都知事選挙を初め、同月の熊本市市議会議員選挙等に立候補したがいずれも落選した。

出典編集