京都大学の実験室で爆発 大学院生1人が重傷

【2013年1月8日】

京都大学(CC BY-SA 3.0

1月7日午後4時20分頃(UTC+9)、京都府京都市左京区吉田橘町[注釈 1]にある京都大学先端科学研究棟4階のエネルギー科学研究科実験室で爆発が発生し[1][2][3]、室内で実験を行っていた同研究科2年に所属する男子大学院生(24)が転倒[3]骨盤骨折する全治2ヶ月の[注釈 2]重傷を負った[1][3]延焼の被害はなかった[1][2]

京都府警川端署の調べによると、実験室では負傷した大学院生ら2人がディーゼルエンジン用の新燃料の燃焼実験を行っていた[2]。鉄製のタンク(直径約15cm、高さ約20cm)で水素酸素エチレンなどの[注釈 3]ガスを混合させていたところ、タンク内で爆発が発生して[1][2][3]蓋が吹き飛んだ[3]。爆発発生時には、実験室にはこの大学院生しかいなかったという[3]

同研究科指導教員の石山拓二教授は、「お騒がせして申し訳ない。安全体制を見直して再発防止につとめたい」と述べた[3]

注釈編集

  1. 産経新聞は地区名なし
  2. 全治の部分は産経新聞より
  3. 読売新聞より

情報源編集

本ニュースは「産経新聞」「読売新聞」および「京都新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 MSN産経ニュース 『京大で爆発 24歳男子学生が重傷』, 産業経済新聞社、2013年1月7日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 YOMIURI ONLINE 『京大実験室で突然爆発、院生吹き飛ばされ重傷』, 読売新聞、2013年1月7日。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 3.6 京都新聞 『京大実験室で爆発 院生が重傷』, 京都新聞社、2013年1月7日。